ダイエットのやり方と効果大辞典

スポンサード リンク

ゆで豆ダイエット〜3ヶ月で17キロ減!健康な体にして、やせる!〜

人の食欲が抑えられないのは、体に必要な営業素が足りていないので、もっと食べなければという欲求からつい食べ過ぎてしまうのです。
そこで太ってしまうので、本当に必要な栄養素は少しだけで、ほとんどが余分なものを食べてしまっているので、それが肥満につながるのです。
ゆで豆ダイエットは、豆と油を使った食事方法です。
豆は、私たちが不足しがちな栄養素、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。
どのような豆でもいいので、できるだけ丸ごと食べることが大事です。
豆腐や豆乳に加工されたものではなく、ゆで豆や納豆をおすすめします。
ゆで豆ダイエットには、油も必要です。
油とダイエットはあまり結びつかないと思われるかもしれませんが、体に必要な油(2種類の必須脂肪酸)のことです。
必須脂肪酸を含む油はいくつかありますが、アマニ油(植物のアマの種子をしぼったもの)が特におすすめです。
アマニ油を毎日スプーン2杯分ほど料理に使えば、食べたいという欲求は自然とおさまってきます。
体に必要な油が足りているので、それ以上は体が要求しないということです。
ただし、アマニ油は加熱には向いていないので、必ず生で取るようにしてください。
ゆでた豆は、ご飯などの穀物と一緒に取るのがポイントです。
穀物2:豆類1の割合がベストです。
ゆでた豆とご飯をしっかり食べていれば、体に必要な必須アミノ酸が全て摂取できていますので、これ以上体が食物を要求してきません。
暴飲暴食が収まれば、内臓機能も正しく機能し始め、気が付けば自然に体重が落ちているでしょう。

豆と油を活用した、ゆで豆ダイエットで、健康になりながらやせてみませんか。

 

 

ゆで豆の作り方

※豆には、大豆、小豆、白インゲン豆、ヒヨコ豆、ウズラ豆、レンズ豆などがあります。基本的に乾燥豆を使用して、ゆでたものを丸ごと食べるようにしましょう。

大豆・小豆

1.豆の2〜3倍の水に一晩つけて戻します。
2.水につけて膨らんだ豆を鍋に入れ、豆が隠れるくらいの水を加え、中火にかけて沸騰させます。
3.沸騰したら、弱火にして、15〜20分間、豆がほどよい硬さになりまでゆでます。ゆで過ぎると、栄養分が抜けてしまうので注意しましょう。

 

白インゲン豆、ヒヨコ豆、ウズラ豆など

1.鍋に入れて、2.5倍の水で戻します。
2.そのまま、火にかけ、沸騰したら弱火にして15分ゆでます。

 

レンズ豆

1.レンズ豆は、水につける必要がありません。
2.そのまま15分間、ゆででます。

スポンサード リンク