ダイエットのやり方と効果大辞典

スポンサード リンク

ぷるぷる体操〜体をゆらすだけで、血液やリンパの流れをスムーズに!〜

気功の要素を取り入れたのが、ぷるぷる体操です。
やり方は簡単で、体を上下にぷるぷるとゆらすだけです。
簡単ですが効果抜群で、便秘や肥満、肩こり、アレルギーなどさまざまな症状を緩和するのです。
ぷるぷる体操をして全身に振動を与えると、体内の気、血液、水分の流れがスムーズになり、
内臓の働きをよくし、新陳代謝を促します。
ると、今まで体内に溜っていた老廃物や毒素を体外に排出しやすくなるのです。
ぷるぷる体操で体を揺らす前にあくびを出します。
これは、体内に酸素を補うほか、目の中の汚れや細菌を涙によって洗い流すようにするためです。
最初は、自然とあくびが出ない人もいるようですが、そういった場合は、生あくびでも構いません。
慣れてくれば自然とあくびが出るようになってくるでしょう。
慣れない人は深呼吸でも構いません。
とても簡単ですので、健康維持にぜひ役立ててください。

ぷるぷる体操の効果

・過敏性腸症候群が改善した。
・腸内環境が整ったおかげで、免疫力があがり、アレルギー症状が治まってきた。
・体重が自然に落ちてきた
・凝り固まってきた肩がほぐれてきて、柔らかくなってきた。

ぷるぷる体操の基本  

※1日1回、時間がある時に1分間行ってください。
@体の力を抜き、目を閉じます。その場でゆっくりと回転をしながら、
 自分が一番気持ちがいいと感じる方向を探します。
A両手を上げて、あくびを2〜3回出します。
 出ない場合は、生あくびや深呼吸でも構いません。
Bお腹の前で両手を曲げ、指を軽く握ります。足を肩幅に広げて、
 ひざを小刻みに曲げ伸ばし、全身を1分間上下に揺すります。

ぷるぷる体操/座ったまま

※立って行うのがつらい人は、座っても行えます。
@イスに浅く腰掛けます。お腹の前で両手を曲げて指を軽く握り、かかとを上げます。
 全身を1分間上下に揺すります。貧乏ゆすりをするイメージで行うといいでしょう。

ぷるぷる体操/寝たまま

※立って行うのがつらい人は、寝ても行えます。
@あお向けに寝転がり、ひざを曲げます。
 両手を曲げて指を軽く握り、この状態で上半身を1分間揺すります。

スポンサード リンク