ダイエットのやり方と効果大辞典

スポンサード リンク

おふとんヨガ〜寝る前のヨガで、解毒力が高まる!〜

加齢とともにやせにくくなったと感じる人は、それは代謝が落ちて毒素が体内に蓄積されているのかもしれません。
寝る前に5分でできる、おふとんヨガを行って、デトックスしましょう。
おふとんヨガは寝た状態で行います。
寝た状態でポーズをつくると体のバランスが安定して、余分な負荷がかからずに、日中の活動で緊張した筋肉や股関節周辺などをほぐすことができます。
すると、滞っていた血液やリンパ液の流れがスムーズになり、老廃物や毒素の排出が高まります。
横になって行うことで、横隔膜を動かしやすくなり、自然と深い腹式呼吸をすることができます。
体内に酸素が十分に取り込むことができますので、各細胞にきちんと酸素が行き届き、代謝が活発になります。
横隔膜の上下運動により、腸が刺激されますので、翌朝のお通じにもつながります。

おふとんヨガのポイント

@体が硬くてもできる
  体に負荷をかけすぎず、無理なく続けることができます。
A体のバランスが安定する
  正しいポーズで、効かせたい部位に刺激が届きます。
Bムダな力を抜きやすい
  筋肉がほぐれて、血液・リンパ液がスムーズに流れる
C深い深呼吸&リラックス
  体内に酸素がたっぷり取り込まれて、代謝がアップする、

おふとんヨガのやり方

<美くびれ>
 ・ワニのポーズ
   @左ひざを立ててリラックス
    あお向けに寝て、脚をまっすぐに伸ばして揃え、左ひざを立てる。
    両腕は、左右に開き、手のひらを床につけて、呼吸を整えて、余分な力を抜いてリラックス。
   A左脚を倒してウエストをひねる
    左脚をゆっくり右に倒して、顔は左側に向けます。
    この状態のまま、深く吸って、吐く呼吸を5回繰り返す。
    首からおなか周りがひねられているのを感じる。
    ゆっくりと@の状態に戻り、反対側も同様に行う。
 ・半月のポーズ
   @体を弓なりにしてわき腹を伸ばす
    あお向けに寝て、脚を伸ばす。
    両腕を上に伸ばしたら、手のひらを天井に向け、右手を下にして左手首をつかむ。
    腰は動かさずに上半身を右側へずらしていき、次に下半身を右側へずらして体で弧を描く。
    この状態で、深く吸って、吐く呼吸を5回繰り返す。手を入れ替えて、反対側も同様に行う。

 

<腹ペタ>
 ・魚のポーズ
   @ひじから下を垂直に曲げる
    あお向けに寝て脚を伸ばし、両足の内くるぶしをつける。
    脇を締め、両腕を体の横に伸ばしたら、握りこぶしをつくり、ひじから下を天井に向けて90度に曲げる。
   Aひじでふとんを押して胸を上げる
    両ひじをふとんに押し付けて、ゆっくり胸を上げる。
    次にアゴを上げて頭の上部をふとんにつける。この状態で、深く吸って、吐く呼吸を5回繰り返す。
    頭を引きずらいようにゆっくりと@の状態に戻る。
 ・ゆるやかなスキのポーズ
   @両ひざを揃えて引きつける
    あお向けに寝て、両腕を体の横に置き、真っ直ぐ伸ばす。両ひざを曲げて、胸に引き寄せる。
   A腹筋を使ってお尻を引き上げる
    腹筋に力を入れて、少し勢いをつけてお尻を上げたら、腰を両手で支えます。
    両足が頭の上にくるようにして、肩を少し寄せてバランスをとる。
    この状態で、深く吸って、吐く呼吸を5回繰り返し、ゆっくりと脚を下ろす。

    ひざを曲げたまま、足先がふとんにつかなくても構わない。
    日常生活ではとらない逆さの姿勢になることで、内臓を刺激する。

 

<スッキリ脚>
 ・ハッピーベイビーのポーズ
   @両ひざを開いて太ももを伸ばす
    あお向けに寝て、両脚を揃える。
    ひざをひきつけたら左右に大きく開いて、内側から両手で足裏をつかんで支える。
    この状態で、深く吸って、吐く呼吸を繰り返して1分間キープする。
    手で足を抑える重みを利用して、太ももやお尻の筋肉をじっくりと伸ばしてキープし、ゆっくりと脚を下ろす。
 ・やさしい弓のポーズ
   @うつぶせになり右腕を伸ばす
    うつぶせに寝て、両腕をまっすぐ伸ばす。
    左腕は手のひらを上にして体の横に置き、右腕は手のひらを下にしてまっすぐ前方に伸ばす。
   A左脚をお尻側に曲げる
    左脚のひざから下をお尻側に曲げ、左手で足首をつかむ。ひざを床から浮かせ、上体を起こして目線は前方へ。
    この状態で、深く吸って、吐く呼吸を5回繰り返す。
    ひざが広がらないようにゆっくり@に戻る。手を入れ替えて反対側も同様に行う。

スポンサード リンク