ダイエットのやり方と効果大辞典

スポンサード リンク

手浴〜手軽に出来る手浴で、汗だし&デトックス!〜

湯船につかるのは暑くて・・・という季節。
しかし、エアコンなどで体は自身が思っている以上に冷えています。
そんな時におすすめなのが、手浴のデトックス方法です。

 

体は温めると汗をかきます。汗が出るのは体温が1度以上上昇したサインです。
体温が1度以上上がると代謝は12%以上上がり、免疫力が5〜6倍に上がります。
免疫力があがると、白血球の働きがよくなり、老廃物をキレイにしてくれます。
また汗をかくことで、体内の老廃物や毒素などを体外に出すことになります。
普段あまり汗をかくことが無い人が初めて手浴をすると、最初はゴミや老廃物が含まれたベタベタした汗がでることがあります。でも、それから続けていくと、サラサラした汗に変わってきます。
それは老廃物が出きった証拠です。
暑い時期でも手浴なら簡単にできます。
毎日の日課にして、サラサラの汗をかける体質になりませんか。

手浴でデトックス効果

・手軽にできてエコ、そして継続しやすい
  湯船にたっぷりお湯を入れるのは時間も光熱費もかかるが、洗面器ならわずかでOK。
  また、テレビを観ながらでも出来るので、簡単で継続しやすい。
・免疫力が上がって、体の中の老廃物をキレイにできる
  体が温かくなり体温が上がるので免疫力がUPし、白血球の働きがよくなり、
  老廃物を食べて体内をキレイに掃除してくれる。
・血行がよくなって汗を一緒に毒素を排出
  血流がUPして、血液と一緒に老廃物を運んで体外に排出してくれる。
  血流が滞った状態が血液ドロドロ状態。

基本の手浴のポイント

1)43℃のお湯に手を15分間浸す
  少し熱め(43℃)のお湯を洗面器の7分目ぐらいまで入れて、15分間手首まで浸します。
  温度が下がったら、熱めのお湯をつぎ足しながらできるだけ43℃を保ちます。
2)もっと手軽にホットタオル
  手浴よりもっと簡単なのがホットタオル。
  お湯でタオルをしぼり、レンジで加熱(500Wで30秒目安)します。手をタオルで包み込めばふんわり温かいです。
   ※やけどに注意!
3)午前中に行うとデトックスにより効果的
  午前中は、副交感神経が優位でリラックスしている状態なので、
  汗や老廃物を出すやすくなっていますので、手浴におすすめです。
  また、夜寝る前も同じように副交感神経が優位になっているので、おすすめです。

手浴テクニックで効果UP

@温冷交互の手浴で血液の流れを促進
 温かいお湯につけて血管を広げ、冷たい水につけて血管を収縮させる。
 これを交互に行うことでポンプの役割を果たし、血流がアップします。
 お湯に3分、水に30秒を3セット繰り返します。
A爪もみプラスで末端までポカポカ
 体の末端である爪は神経が集まっています。
 爪をもむことで自律神経を整え、体をリラックスさせます。
 リラックスすると、血流がよくなり、血液が末端まで行き届くようになり、冷えが解消されます。
Bしょうがや塩で保温効果をより高める
 しょうがは食べるだけではなく、皮膚を通して摂取しても体を温める効果があります。
 また塩は、皮膚の表面に薄い皮膜を作ってくれるため、熱を逃しにくく温かさが長持ちします。
Cアロマの香りでリラックス&温浴効果アップ
 さまざまな効果がある精油を、お湯に垂らしてアロマ手浴を。
 香りにリラックス効果があり、それにより副交感神経が優位になり、血流がアップします。
D手浴前にしょうが紅茶で汗だし効果倍増
 紅茶は利尿作用があり、体を温めます。

 そこにしょうがを入れて、全身の血流をよくして汗を出しやすくします。
 手浴前に飲むと飲まないとでは、汗のかき方も違うはず。
 少し甘味が欲しいときには、体を温める黒砂糖をプラスしてもOK。

スポンサード リンク